FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
あなたの世界の変え方、教えてください。
シンポジウム「若者が変える!ニッポンの地域と農業」
※プログラムに変更がございますのでご注意下さい。

◆日時:
2008年2月10日(日) 14:00~17:30(開場13:30/懇親会18:00~)

◆会場:
フォルツァ総曲輪  ライブホール
 住所:富山県富山市総曲輪3-3-6 総曲輪ウィズビル5F
 地図:http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/about/map_02.html
 アクセス;http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/about/map.html

◆参加方法:
定員120名。参加は無料です。当日、直接会場にお越しください。
※来場者多数の場合、会場の都合により入場を制限させていただく場合もございます。お早めにご来場ください。

◆プログラム内容:
【主催者挨拶】 14:00~14:05(5分)
山本繁(チーム100%発起人代表)

【第1部】 14:05~15:00(55分)
オープニングトーク:柳明菜(映画監督)
VTR上映:サンプラザ中野くん(ミュージシャン)×柳明菜トークセッション
テーマ「世界の変え方~映画製作で変わった八丈島の話」

【第2部】 15:10~16:00(50分)
対談:橋本順子(富山市・「土遊野」農場)×宮治勇輔(株式会社みやじ豚代表取締役)
テーマ「川上から川下までプロデュースする新しい農業」

【第3部】 16:10~17:00(50分) 
パネルディスカッション:
森下和紀 (入善町・JA富山県青壮年組織協議会会長、グリーン森下取締役)
上野也 (氷見市・ブルーベリー観光農園、cafeいなかふれさか)
大場靖弘 (富山市・大場養蜂園)
村上満 (おわらの里)
<コーディネーター>
橋本順子 (富山市・「土遊野」農場)
テーマ「21世紀は新農業時代~富山から変わる日本の農業」

【第4部】 17:00~17:20(20分)
柳明菜×バスツアー参加者数名  

【懇親会】 18:00~19:30(90分)
富山の大人・若者たちと、バスツアーで参加した首都圏在住の若者たちとの交流・親睦を深めます。皆さんの「世界の変え方」を語り合う場にしてください。参加費1,500円(軽食付き)。当日会場にてお申込ください。

※都合により一部プログラム及び時間を変更することがあります。あらかじめご了承ください。

◆備考:
シンポジウムの様子はインターネットを通じて全国へ生中継します。

◆登壇者:

yanagi2.jpg

柳明菜 映画監督
高校在学中にテレ東「ASAYAN」女流カメラマンコンテストで優勝、写真家活動を始める。03年慶応大学入学後、舞台活動と共に、映画「ひきもどし」のカメラを担当。だが、依頼される仕事や時流を待つ自分に疲れ、悩む。05年秋、社会起業に出会い、「一歩踏み出せば、世界は変わる!」と気付き、セルフプロデュースを決意。翌春、研究合宿で訪れた八丈島に魅かれ、映画「今日という日が最後なら、」の制作を志し、合同会社The Willowsを設立。07年夏、初監督作品を完成させ、現在日本中での上映を進行中。
映画「今日という日が最後なら、」オフィシャルサイト http://www.livefree.jp/
「今日という日が最後なら、」八丈島映画応援団+ジュニア http://8jo.jugem.jp/
八丈島映画応援団 http://8jo-cinema-sp.akinaakina.com/

橋本順子

橋本順子 富山市・「土遊野」農場、精神保健福祉士、スクールカウンセラー
茨城県出身。富山での森林ボランティア活動に参加したことがきっかけで、1981年に富山に移住。非農家からスタートし、1994年(有)に土遊野設立。無農薬・有機栽培の米づくり、平飼養鶏、無農薬の野菜づくり、自家製の小麦と天然酵母のパンづくりなど、小規模・有畜・循環型複合経営の農業を約20年間続けている。
また、各種農業体験やファームステイ、手作りパン体験や陶芸教室なども行っている。
土遊野農場 http://www7b.biglobe.ne.jp/~doyuuno/

_HOJ2346.jpg

宮治勇輔 株式会社みやじ豚 代表取締役
湘南の養豚農家。「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に。」を理念に、BBQマーケティングを実践して生産から顧客の口に届けるまでを農家が一貫してプロデュースする 養豚業を確立。湘南まちづくりNPOのNPO法人湘南スタイルの運営にも参画。湘南に農業の活性化と地域の活性化を同時に実現するモデルをつくるべく活動中。
みやじ豚.com http://www.miyajibuta.com
湘南で農業を起業する 【みやじ豚.com】 http://miyajibuta.livedoor.biz/

森下和紀

森下和紀 入善町・JA富山県青壮年組織協議会会長、グリーン森下取締役
富山県入善町出身。農業の担い手不足が問題になっている現在、若手の農業従事者が増えていることで全国の注目を集めている、富山県入善町の農業者の中心的存在。地域の若手農業事業者がお互いに助け合う、現代版「結」のような仕組みを作り、農業と地域の活性化に取り組んでいる。
実家の農園では、日本一の大きさを誇る「入善ジャンボ西瓜」をはじめ、コシヒカリ、ハウス雪しろねぎ、大豆等の販売を行っている。
グリーン森下 http://www.green-morishita.jp/

上野達也

上野達也 氷見市・ブルーベリーと山の幸 いなかふれさか、café風楽里(ふらり)
富山県氷見市出身。大手旅行会社に勤務後、富山にUターンし、非農家から無農薬栽培のブルーベリー栽培をスタート。自宅横の納屋を改装した古民家風店舗で、ブルーベリーを使ったお茶やスィーツなどを味わえるカフェもオープン。観光農園でのブルーベリー収穫体験やジャム作り教室なども開催し、地域の人とも連携しながら村おこしにも取り組んでいる。
地方の田舎で、豊かなライフスタイルを楽しむことが信条。
いなかふれさか http://furari2004himitoyama.web.fc2.com/

大場靖弘

大場靖弘 富山市・大場養蜂園
富山県富山市出身。東京で流通業を経験したのち、祖父の代から経営していた養蜂園を引き継ぐ。富山県内の農園・果樹園で、昔ながらの方法で蜂蜜を採取し、添加物や精製ハチミツを加えない、安全・安心・本物の蜂蜜だけを生産し販売している。淡くまろやかな甘みのレンゲ、上品な甘さのアカシア、富山でしか味わえない水島柿など種類も豊富に揃え、リピーター客も増えている。
2007年、富山市新根塚に、はちみつのティスティングや、はちみつを使ったスィーツやドリンクが楽しめる「カフェ38」をオープン。店内で若いママさん向けに、カラダに優しい料理を教える料理教室も定期的に開催している。
大場養蜂園: http://www.ooba-beekeeping.co.jp/
カフェ38 http://ooba-beekeeping.co.jp/cafe38/

村上満

村上満 おわらの里ふれあいホーム、フォーレスト八尾会 施設長
富山市八尾町出身。越中八尾おわら風の盆で有名な富山市八尾(やつお)町の福祉事業所において、障がい者自立のための活動に取り組む。その一環として、かつて養蚕業で栄えた八尾の特産品である「桑の葉」に着目し、桑の葉を使った健康茶やお菓子などの事業化をスタート。障がい者と共に働く施設ほか、富山の製薬メーカー「広貫堂メディフーズ」、富山大学和漢医薬学総合研究所とタイアップして商品化した「おわら桑の葉茶」が、販売初年で10万本販売の大ヒット。
本年1月に新しく「桑の葉工房」もオープンさせ、無農薬栽培の桑の葉の栽培から流通までトータルでプロデュースし、障がい者自立支援のビジネスとまちづくりに精力的に取り組んでいる。
社会福祉法人 フォーレスト八尾会 http://www.cty8.com/forest/

◆目的:
富山の若者たちに富山の魅力を再発見してもらうとともに、首都圏の若者たちに対して地方暮らしと農業の魅力や可能性をPRします。

◆連絡・お問い合わせ:
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

チーム100%事務局(NPOコトバノアトリエ内)
担当:山本、浅井
〒113-0033 東京都文京区本郷1-14-8 丸山ビル5B
TEL / FAX:050-1071-8324
メール:toyama@kotolier.org

 =================

 主催: チーム100%
 共催: ㈱まちづくりとやま
 協力: NPO法人グリーンツーリズムとやま、いきいき富山館、
     NPO法人北陸青少年自立援助センター
スポンサーサイト
2008.01.07 Mon l シンポジウム l COM(0) TB(0) l top ▲
シンポジウム前夜祭!
映画「今日という日が最後なら、」上映会
※プログラムに変更がございますのでご注意下さい。

livefree_top.gif

◆日時:
2008年2月9日(土) 開場15:30 上映開始16:00

◆会場:
フォルツァ総曲輪  シネマホール
 住所:富山県富山市総曲輪3-3-6 総曲輪ウィズビル5F
 地図:http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/about/map_02.html
 アクセス;http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/about/map.html

◆定員:
180名

◆入場料:
前売 500円
当日 800円
(前売券につきましてはフォルツァ総曲輪にて取り扱っております)

◆プログラム:
16:00~16:45 トークショー
柳明菜監督×サンプラザ中野くん

16:45~ 映画上映
映画「今日という日が最後なら、」上映(2007年/107分/The Willows)

◆あらすじ:
都会と島…まったく違う環境で離れて育った双子の姉妹。
そんな2人が20歳の誕生日に再会する。
衰退しつつある美しい八丈島を舞台に、家族の絆、病気、
島のお祭りを通して、“今と向き合い生きること”を学んでいく。
大自然と人のぬくもりに包まれながら、少女から大人へと成長する物語。

◆トークショー出演者プロフィール:
サンプラザ中野アー写(2007)
サンプラザ中野くん ミュージシャン
1984年、爆風スランプのヴォーカルとしてデビュー。パワフルなサウンドに斬新なパフォーマンスが話題を呼び、若者を中心に圧倒的支持を得る。88年の「Runner」の爆発的ヒットにより、更にファンが増え、その後も数々の名曲をリリースする。現在は歌手・健康・株を中心に、執筆業・ランナーなど幅広く活動中。また、≪肉より魚、魚より野菜を食べよう≫と伝えるアニメ「本マグロトロ太郎」の脚本、製作、声優、主題歌も手掛けている。
ウェブ sunplazanakano.com

yanagi2.jpg
柳明菜 映画監督 
高校在学中にテレ東「ASAYAN」女流カメラマンコンテストで優勝、写真家活動を始める。03年慶応大学入学後、舞台活動と共に、映画「ひきもどし」のカメラを担当。だが、依頼される仕事や時流を待つ自分に疲れ、悩む。05年秋、社会起業に出会い、「一歩踏み出せば、世界は変わる!」と気付き、セルフプロデュースを決意。翌春、研究合宿で訪れた八丈島に魅かれ、映画「今日という日が最後なら、」の制作を志し、合同会社The Willowsを設立。07年夏、初監督作品を完成させ、現在日本中での上映を進行中。
ウェブ 映画「今日という日が最後なら、」オフィシャルサイト
    「今日という日が最後なら、」八丈島映画応援団+ジュニア
    八丈島映画応援団

◆お問い合わせ:
フォルツァ総曲輪
富山県富山市総曲輪3-3-6 総曲輪ウィズビル5F
TEL 076-493-8815  FAX 076-493-8845
メール:forza@pm.ctt.ne.jp

 =================

 主催: チーム100%
 共催: ㈱まちづくりとやま
 協力: NPO法人グリーンツーリズムとやま、いきいき富山館、
     NPO法人北陸青少年自立援助センター
2008.01.06 Sun l 映画上映会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆

  【先着20名限定】

    若手社会起業家と行く!冬の農村体験バスツアー
  ~地域の魅力と出会う&農業の可能性を考える vol.1~
       http://toyamapj.blog22.fc2.com/

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆

 農村1 農村2 haiko.jpg

 ある夜、富山の大人が言いました。
 「富山の魅力を、富山の人間が一番わかっちょらん!」
 だったら、富山の魅力を僕らが発見しに行こう!
 そんな些細なキッカケから、このプロジェクトは始まります。
 厳冬の2月、東京発、富山着バスツアー。

 記念すべき第1回目は、案内役に八丈島を舞台に製作した映画
 「今日という日が最後なら、」で若手映画監督としてのみならず、
 地域振興の面からも注目される映画監督・柳明菜さんと、
 「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に。」
 を理念に、生産から顧客の口に届けるまでを農家が一貫して
 プロデュースする湘南の養豚農家・宮治勇輔さんを迎えます。

 また、富山で併催するシンポジウムには、
 なんと爆風スランプ・ボーカルのサンプラザ中野さんが参加。
 子供たちに大人気のフラッシュアニメ「本マグロトロ太郎」で
 クリエイターとしても活躍するサンプラザ中野さんと
 農業との関係・想いとは?

 21世紀は農業の時代です!
 地域と農業の新しい魅力や可能性を見つけに、
 あなたもツアーに参加しませんか?

 ―――――――――――――――――――――――――――――

 ◆ 案内役のご紹介  

 ―――――――――――――――――――――――――――――

 柳 明菜 氏(24) 女優・映画監督

 yanagi2.jpg

 高校在学中にテレ東「ASAYAN」女流カメラマンコンテストで優勝、
 写真家活動を始める。03年慶応大学入学後、舞台活動と共に、
 映画「ひきもどし」のカメラを担当。
 だが、依頼される仕事や時流を待つ自分に疲れ、悩む。
 05年秋、社会起業に出会い、「一歩踏み出せば、世界は変わる!」
 と気付き、セルフプロデュースを決意。
 翌春、研究合宿で訪れた八丈島に魅かれ、
 映画「今日という日が最後なら、」の制作を志し、
 合同会社The Willowsを設立。
 07年夏、初監督作品を完成させ、現在日本中での上映を進行中。
 ウェブ http://www.livefree.jp/
 ブログ http://www.fruitblog.net/akina919/


 宮治 勇輔 氏(29)  株式会社みやじ豚 代表取締役

 _HOJ2346.jpg

 湘南の養豚農家。
 「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に。」
 を理念に、BBQマーケティングを実践して生産から顧客の口に
 届けるまでを農家が一貫してプロデュースする養豚業を確立。
 湘南まちづくりNPOのNPO法人湘南スタイルの運営にも参画。
 湘南に農業の活性化と地域の活性化を同時に実現するモデルを
 つくるべく活動中。
 ウェブ http://www.miyajibuta.com
 ブログ http://miyajibuta.livedoor.biz/

 ―――――――――――――――――――――――――――――

 ◆ 日程・プログラム内容

 2月8日(金) PM23:00 東京都庁前出発(集合22:30)
 2月9日(土) 冬の農村体験、映画「今日という日が最後なら、」上映会、参加者交流会
 2月10日(日) 富山市内観光、シンポジウム、富山の若者・大人との懇親会
 2月11日(祝) 午前、富山発 夕方、東京着
 ※宿泊はしらくら山の素敵な廃校に泊まります

 ◆ 募集人数

 限定20名(原則先着順となります)

 ◆ 参加費

 ¥15000 
 ※往復交通費、宿泊・食費(朝2食・昼1食・夜2食)等含む
 集合場所までの交通費は自己負担でお願いします


 ―――――――――――――――――――――――――――――

 ◆ 参加申し込み

 ―――――――――――――――――――――――――――――

 受付開始:
 1月9日(水)AM0:00スタート

 申し込み締め切りは、
 2月3日(日)PM23:59

 参加申し込みは以下のアドレスへ

 氏名・所属(大学名・会社名など)・連絡先(携帯電話の番号と
 パソコンのメールアドレス)を送ってください。※必須

 件名「2月8日~11日 バスツアー参加希望」
 toyama@kotolier.org (バスツアー受付 担当:ボビー)

 参加者確定後、こちらから更に詳しい案内を送ります。


 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ┃  このプロジェクトについて     ┃
 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 東京の若者たちに富山の魅力を知ってもらうこと...
 富山の人たちに富山の魅力を再発見してもらうこと...
 日本の若者たちに農業の可能性に気付いてもらうこと...
 東京の若者たちと富山の若者たちを繋げること...

 それらを本当の意味で実現するには?

 東京の若者たちを富山に連れて行き、
 富山の自然や暮らしや文化を体感してもらおう。
 そして、彼らの笑顔や感動を通じて、
 富山の人たちに富山の良さに気付いてもらおう。
 そこから、日本のこと、農業のこと、地域のことを
 みんなで考える。

 ベストかどうか分からないけれど、悪くはないはず。
 あとはみんなでフォローしよう。

 それよりも、もうすぐやって来る食糧危機。
 どうやって乗り越えたらいいんだろう?
 
 生きることは食べること。
 まだまだ食べて生きなくてはいけないからこそ、
 若者の頭と心で、これからの農業を考えませんか?

 極上の海と空と山に囲まれた富山で、
 出逢い、教え、ともに学ぶ3日間。
 凝縮された時間があなたの参加を待っています!
 
 ※このプロジェクトの参加に興味があれば、
 質問等、随時受け付けますので、
 遠慮なくお問い合わせください。

 toyama@kotolier.org (担当:ボビー)

 =================

 主催: チーム100%
 共催: ㈱まちづくりとやま
 協力: NPO法人グリーンツーリズムとやま、いきいき富山館、
     NPO法人北陸青少年自立援助センター
     
 ---------------------------------------------------------

 チーム100%事務局(NPOコトバノアトリエ内)
 担当:山本、浅井
 〒113-0033 東京都文京区本郷1-14-8 丸山ビル5B
 TEL / FAX:050-1071-8324
 メール:toyama@kotolier.org

 ---------------------------------------------------------
2008.01.06 Sun l バスツアー l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。